【服の手放し方と処分方法】100着近くあった服を半分に減らせた!

2019年12月22日

スポンサーリンク

こんにちは。みのんです。

服はたくさんあるのに気づいたら同じ服ばかり着ている。

お店に行った時「家どんな服があったっけ?」と感じた経験ありませんか?
似たような服ばかりを買ってしまったり
単品で見れば魅力的だけれど持っている服では着回しが難しい服を買ってしまい結局着なくなったり…

クローゼットにしまわれただけの可愛そうな服を開放し、まだ私のもとで役立ってほしい服だけを残す方法を考え、実際に服を減らしました。

この方法で100着近くあった服を半分以上手放すことが出来ました。

服を手放す基準

トキめかない服は手放す

有名なトキメキ片付け法で手元に残す服を選んでいきます。

「これは好き」「あんまり好きじゃないなぁ…」という自分の感覚に素直に従って、好きと感じた物以外は手放しました。

1年以上来ていない服は手放す

中には好きとも嫌いとも言えない、トキめき切らない服が出てくると思います。
そんなときは直近1年間を振り返ってみて、「この服は最近着たっけ?」と自分に問いかけてみます。

着た記憶が残っていないのであれば、今の自分にはなくても良い服なので手放します。

頂き物でも好みではない服は手放す

親戚や会社のかたから「買ってみたけど私には若すぎたからよかったら貰って」と服を頂いたことがあります。

中には好みの物もあるのですが、ほとんどが好みではない物…「トキメかない物」なのです。

このまま私の手元にあっても着ることは絶対にないので手放しました。

服を手放す手順

手放す服の基準を決めたので、実際に服を手放していきましょう。

全ての服を一か所に集める

まずは今着ている服、洗濯中の服以外の全ての服を一か所に集めます。

全て 一か所に です。

この段階で出てこなかった服は、思い出しもしなかった服として手放す対象にします。
服が一か所に集まったら早速片付けスタートです。

オフシーズンの服から

まずはオフシーズンの服から
夏なら冬服。冬なら夏服。明らかに今着るには季節外れだなと思う服です。

これは、前シーズンを思い出して来たかどうかを判断しやすくすることで
「これから着るかも…」という手放せない言い訳を封じる為の作戦です。

すると、
「今年の夏は着なかったからこの服とはお別れしよう」と驚くくらい手放しやすくなるのです。

服を処分する方法

さて、残す服は決まりましたか?
残すと決めた服は綺麗に収納して、これから大切に着てあげてください。

問題は手放す服の処分の仕方です。処分する方法はいくつかありますが、基本は全捨てで良いのではないでしょうか。

ゴミの日に捨てる

衣類を捨てて良い曜日はお住いの地域によってルールがあるはずなので、よく確認してください。

捨てる服が多いとゴミ置き場まで運ぶのは大変かもしれませんが、頑張って運んでくださいね。

面倒だからと、ごみ袋いっぱいに詰め込まれた服をそのまま邪魔にならない場所へ置き去り、なんてことはしてはいけません。

リサイクルショップに売る

あまりお勧めはできませんが、近くに服を買い取ってくれるリサイクルショップがあれば持ち込むのもありです。

痛みすぎて買取できない服も処分してくれたりすることもありますので、試しに持って行ってはいかがでしょうか。

因みに私は手放す服の内、割と状態の良い服を何着かリサイクルショップ持ち込みましたが1着1円にしかならない服が多くて時間を無駄にしました。

リサイクルショップで服は売れないと学習できたことは、私の中で大きな経験でした。

メルカリ等で売る

ちょっとしたブランド品を持っているのであればフリマアプリを活用してみましょう。
服の状態にもよりますが、リサイクルショップよりは高値で買い手が見つかるかもしれません。

梱包、発送の作業が手間に感じないのであれば、売れそうな服は一時的に残しておくのも良いです。
ただ、一定期間買い手が見つからないのであれば潔く処分してくださいね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回、私が服を減らすにあたり参考にした書籍があります。

もっと物を減らしたい。部屋を綺麗にしたい。という方の味方になってくれる書籍なので是非ご一読ください!

服を減らしたいけど、どうやって減らしたら分からない。というかたの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク