捨てられたペットはどうなるの?~ペットを捨ててしまう原因と捨てられたペットのその後の生活~

2019年5月22日

スポンサーリンク

こんにちは。みのんです.

ペットの殺処分」この言葉がメディアを通じてペットを飼っていない多くの人にも伝わるようになってきましたよね。
数多くの動物保護団体の協力のもと殺処分が減ってきている一方、まだまだ人間の勝手な都合で命を落とす動物は少なくありません。今回は故意的に捨てられたペットのその後の生活について考えていきたいと思います。

ペットを捨てる理由

その場の勢いでお迎えしてしまった

ペットショップに行くと可愛い子たちが今か今かと飼い主になってくれる人を待っていますよね。その可愛さにつられ、自分がペットを飼えるのかをよく考えもせずにお迎えを決めてしまう人がいます。
実際にお迎えをしてみて世話ができなかったり、ろくにしつけもしないで吠えたり噛んだり粗相をするのをすべて動物のせいにしてお迎えした動物を捨ててしま人がいます。
また勢いでお迎えをした結果、飽きたというあり得ない理由で動物を捨てる人もいるようです。

お迎えした動物が大きくなりすぎた

ペットショップにいる子は基本的に子供が多いですよね。ですが動物は成長します。成長に合わせて当然身体も大きくなります。
成長スピードが人間の何倍も早いためその成長速度に追いつけず、大きくなりすぎたペットの面倒を見れなくなってしまい、

「家に閉じ込めておくよりも外で自由にさせてあげた方が…」等

言い訳をして捨てることを考える人もいるようです。

生活環境の変化

家庭の事情や自立等の引っ越し。アレルギーの発症。飼い主の入院。生活環境が変化したことにより、どうしてもペットを飼い続けることが出来なくなってしまうことがあるご家庭も少なくないと思います。

その時、ペットを本当に愛していたなら「捨てる」という選択肢は出てこないでしょう。自分の代わりにペットを最後まで可愛がってくれる人を探し、託すはずです。

しかし生活環境の変化を理由に今まで一緒に暮らしてきたペットを捨てていってします家庭も存在するのです。

金銭的な余裕がなくなった

動物も人間と一緒で病気にかかるし、ケガをすることもあります。トイレの砂や毎日の食事代。
ペット保険に入っていれば毎月保険料も支払わなければなりません。退職等で金銭的にペットと暮らしていくのが難しくなって手放してしまう飼い主さんもいます。

ペットをお迎えする前に、お迎えしたらお金がかかるということを覚えていてほしいです。

多頭飼いしたら子供が産まれてしまった

当然ですが、去勢してない雄と雌が一緒の空間で生活をしていればいつかは子供が産まれます。
子供が産まれるのを望んで性別の違う2匹をお迎えしているのなら良いのですが、子供が産まれる可能性を考えずに多頭飼いをしてしまい、産まれてきた子供を捨てるということもあるそうです。

出産を望まない多頭飼いをするなら早い段階で去勢をしておきましょう。

人間の勝手な都合で捨てられた動物はどうなるの?

犬や猫の場合:野良として生活していく

ある程度成熟した犬や猫なら野良犬・野良猫として生き延びる事ができるかもしれません。

しかしそれはほんの僅かな可能性の話です。今まで室内で育ってきて、平和で危険のない暮らしが当たり前だった子がいきなり外の世界に放り出されてまともに生きていけるでしょうか?

餌の捕り方も分からず、何日もまともな食事がとれず衰弱し、だれにも気付かれることなく命を落としていくことでしょう。

インコやハムスター等小動物の場合:捕食される

小動物の場合、すでに数多くいる野生の肉食動物によって捕食されてしまいます。
野良犬や野良猫はもちろん、カラスやそのほかの野生の環境で生きている動物は餌を探すのに必死です。

そんな状況の中、外の事を何も知らない小動物がいたら真っ先に狩の対象になってしまうでしょう。

殺処分される

ペットを捨てた結果、近隣の住民からの通報により保護センターに捕獲されたり人の手により保護センターへ運び込まれた動物は一定期間経過の後、殺処分されます。

今は保護センターに運ばれた殺処分対象となってしまった動物を引き取ってくれる動物保護団体が増えてきましたが、それでも引き取り手のいない動物は容赦なく殺処分されてしまいます。

おそらくペットを捨てる人は、捨てた後自分の家族だったペットがどのような生活を送り命を落としていくのか想像できない、もしくは「この子ならきっと大丈夫」と現実逃避をしているのだと思いますが、現実はそんなに甘くありません。

最後に

以上、ペットが捨てられた後の生活について書いてみました。
ペットを捨てるなんてありえないと思っていたのですが、調べてみると結構ペットを捨ててしまう飼い主さんがいることに驚きました。

安全な室内から急に外に放り出された動物が助かる確率はそう高くありません。
親切な人に保護されるのは本当に奇跡なんです。

動物を守っていこうという活動とは裏腹に、動物を自分の都合で捨ててしまう飼い主さんがまだまだいます。

捨てるつもりはなくてもうっかり家から逃げ出してしまったという場合にも同じ末路が良そうされます。この記事を読んでくださっている方は動物を捨てたりすることはないと思いますが言わせてください。

人間の都合で家族としてお迎えした命です。勝手な都合で捨てないでください。どうしても一緒に生活ができなくなってしまった場合には里親になってくれる人を探してください。里親として名乗り出てくれる人はたくさんいるはずですから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

動物

Posted by minolog