フェレットのお迎え~初期費用・ランニング費用・生涯費用のまとめ~

2019年7月3日

スポンサーリンク

皆さんこんにちは。みのんです。

以前の記事でフェレットを飼うメリットとデメリットについて書きました。

今回はメリットとデメリットを把握したうえで、フェレットをお迎えしたい!と思っている方へフェレットをお迎えするのに必要な初期費用。お迎え後に必要になるランニング費用。病気に備えての保険料&貯蓄についてお伝えできればと思います。

多めに見積もっての金額になっていますがフェレットは生き物なので、今回ご紹介する金額が正確な金額ではありません。

もしかしたら病気やケガなく生涯を終えて、予定よりずっと安くなるかもしれませんし、逆に重い病気にかかり大きく金額を上回るかもしれません。

この記事はフェレットをお迎えするにあたり、実際にフェレットを飼っている家庭の一つの例として参考にしていただけると嬉しいです。

初期費用

フェレットをお迎えするにあたり、生体代を含めた最初に発生する費用についてまとめます。

生体価格

まずはフェレットをお迎えするのだから当然、生体代がかかります。私がペットショップで見てきた価格だと3万~8万円くらいが相場かなという印象です。

安い子は海外から輸入されたばかりで、ワクチン接種が済んでいなかったり、長いこと売れ残ってしまった子だったりします。

希少種や、しつけがされている子は少々お値段が高い傾向にあります。

飼育用品

フェレットをお迎えしただけではフェレットが生活をすることができません。
フェレットに必要な生活用品と金額を見ていきましょう。

飼育用品の金額ケージ:1万円
ケージマット:3千円×2枚
トイレ:1千円
トイレ砂:3千円
トイレ用スコップ:5百円
ハンモック:3千円×2枚
餌皿:1千円
給水ボトル:1千円
フェレットフード:3千円
爪切り:5百円
イヤークリーナー:5百円
キャリーケース:5千円
おもちゃ:1千円
合計:約4万円

ケージマットとハンモックは定期的に洗濯できるように、最初から2枚揃えておくと便利です。

あとはお散歩をするならハーネス。おやつやフェレットバイト。そのほか気になるものや消耗品を多めに購入するとしても5万円あれば一通りそろえられると思います。

ハンモックやおもちゃは使っているうちに壊れたりすることもあるので、必要に応じて買い替えてください。

初期費用まとめ

初期費用合計生体代(3万~8万) + 飼育用品(4万) = 7万~12万

初期費用は10万円前後あれば足りる計算になりました。

揃える飼育用品は高ければ安心・安全。というわけではないので、お迎えをするペットショップの店員さんに相談して決めるのが良いかなと思います。

ランニング費用

お迎えしてからも定期的にフェレットの為に使うお金がかかります。
毎月かかる費用、そして毎年かかる費用。結果、年間でいくら必要なのか見ていきましょう。

毎月の費用

まずはほぼ毎月かかる費用についてです。

毎月かかる費用フェレットフード:2千円
トイレ砂:2千円
合計:4千円
エアコン(5月~10月):4千円

フードとトイレ砂は消耗品なので、定期的に購入が必要となります。
我が家の感覚ですが、ひと月一袋消耗するわけではないので、それぞれ、ざっくり2千円で計算します。

おもちゃ、ハンモックについては壊れたり破れたりしたら買い替えが必要になります。

エアコン代について
フェレットは暑さにとても弱いです。温かくなる5月あたりからはエアコン必須になります。フェレットのいる部屋の温度が25度以上にならないようにエアコンを使って調節してあげてください。

暑さにとても弱いと書きましたが、寒さに強いというわけでもありません。
極端な寒さは苦手なので、冬場の室内温度は15度以上になるようにしてください。
冬に関してはエアコンを常時つけるのではなく、ペット用のヒーターを使っても良いと思います。

地域によっては半年以上、エアコンフル稼働ということもあり得るので、エアコン代に関しては大幅に上回る可能性があります。

毎年の費用

次に毎年かかる費用です。主に予防接種が毎年の費用になります。

毎年かかる費用フィラリア予防:1万円
ジステンパーワクチン接種:1万円
合計:2万円

フェレットは病気でなくても通院をする必要があります。
「フィラリア予防」「ジステンパーワクチン接種」

フェレットが健康に過ごせるようにするため、「今年は受けなくていいや」というわけにはいきません。
もし、防ぐことが出来たはずのウイルスに感染したら…

不要な後悔をしないように、愛するフェレットの為に必ず予防できることはしておきましょう。

「フィラリア予防」「ジステンパーワクチン接種」それぞれ毎年1万円程度になります。

年間の費用合計

毎月、毎年の費用の概算が出たので、実際に年間いくらになったのか見てみましょう。

年間費用毎月(4千円)× 12か月 + エアコン(4千円×6か月) + 毎年(2万円) = 約9万円

年間で約9万円が必要という計算になりました。
これはあくまで健康な状態であることが前提なので、病気やケガをした場合大幅に金額を上回ることになります。

フェレットの生涯に必要なお金

健康な場合

ここまでで健康な状態でのフェレットに必要な金額が分かりました。

仮にフェレットが病気やケガなく7年生きたとして

年間費用 9万円 × 7年 = 63万円

が必要になります。

病気やケガに備えて

人間が年を取ると免疫力が落ちて病気にかかりやすくなるように、フェレットも年齢とともに病気にかかりやすくなります。好奇心旺盛すぎて、思わぬケガをするかもしれません。

そんなときの為にペット保険に加入する。あるいは少しずつ貯蓄をしていくという方法があります。

保険に加入すれば、いざ病院にお世話になった時の治療費が安くなります。
保険に入らない場合、満額飼い主負担になるため、まとまったお金が必要になります。

幸い我が家ではまだ病院にかかるような大きな病気がケガをしていないので、実際にいくらかかったという記載ができないのですが、とりあえずここでは50万円が必要としておきます。

先ほどのフェレットが7年生きた場合の費用について

63万円 + 50万円 = 113万円

ということで、フェレットの生涯費用として113万円ほどが必要になる。ということが分かりました。

最後に

フェレットをお迎えするときの費用。お迎えしてからかかる費用についてまとめてみました。
改めて見ると、凄い金額になったことに驚いています。

与えるフードの金額。普段の食事量。寿命。環境。

各家庭で条件が全く違うので、必ずしもこの金額が必要というわけではありませんが、フェレットをすでに飼っている人、これからフェレットをお迎えする人の参考になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

動物

Posted by minolog