インコの冬支度~保温の必要性と保温グッズ~

スポンサーリンク

皆さんこんにちは。みのんです。

10月です。やっと過ごしやすくなってきました。
秋って短いですよね。油断しているとすぐに冬になってしまいます。

今回は、寒さに弱いといわれているインコの冬の保温について考えてみましょう。

保温の必要性

保温はしなくちゃいけないの?

インコの飼育書や、ネットで調べても、「インコは寒さに弱いので、冬はしっかり保温してあげましょう。」といったことが書かれていることが多いですよね?

インコ初心者であれば、まずは飼育書に倣って保温をしてあげるのが安心かと思います。
我が家も冬は保温をしています。

過保護すぎる保温はNG

保温するといっても、冬にも関わらず春夏と大差ない温度での保温はNGです。

インコは快適に過ごせる(暖かい)=恋の季節と勘違いをしてしまいます。

慢性的な発情は命に関わることも多いので、保温をするのならインコの様子を見つつ、冬を感じる程度に保温してあげてください。

保温していない家庭もある

私はまだインコ歴が短いので怖くて保温をしない。という選択はできませんが、冬でも保温をしないというご家庭もあるそうです。

発情抑制にもなりますし、体調を崩した時の対策にもなります。
いざという時にだけしっかり保温してあげることで、回復するのが早くなることがあるようです。

地域やインコの種類にもよりますので、保温をしないという方法もあるんだ。くらいに覚えておけば良いかなと思います。

寒さ対策

さて、保温をするとなると気になるのが電気代ですよね。
電気代を抑えるためにはまず、部屋が冷える原因の対策をすること。
部屋が冷えれば冷えるほど、エアコンやペットヒーターが稼働することになるので電気代がかかります。

断熱シート

気になる隙間風はないのにすぐに部屋が冷える…。
窓が冷え切っているのが原因かもしれません。断熱シートを窓に貼り温めた空気を冷やさないようにしてみましょう。

冷気ストップライナー

冬の窓は部屋側から触ってもビックリするくらい冷えてるんです。
その冷気が部屋を冷やす原因になるんですよね…。

冷気ストップライナーはカーテンレールに取り付けるだで、冷気が部屋に広がるのを抑えてくれます。

薄くて透明タイプのものがあるので、部屋が暗くならないのが嬉しいです。

保温グッズ

ペットヒーター+サーモスタット

一番オーソドックスな保温方法はペットヒーターを使用した方法かと思います。
ペットヒーターだけではケージ内の温度が上がりすぎてしまうことがあるので、サーモスタットと併用して保温してあげてください。

エアコン+サーキュレーター+加湿器

ペットヒータを用意するのが難しい場合、エアコンを使用する方法もあります。
ただ、暖房だけの使用だとなかなか温かい空気が部屋中に広がらないのでサーキュレーターを使って部屋の空気を循環させる<>/spanと効果的に部屋を暖めることができます。

ご存じかと思いますが、暖房の使用はとてつもなく部屋が乾燥しますので加湿器の準備もお忘れなく!

最後に

これから寒くなってくるのでインコの冬支度について考えてみました。

インコが寒さが苦手だからといって、過保護すぎる保温は良くないのはわかっていても温かくしてあげたくなっちゃいますよね。
今のうちから保温の準備はしておいて、どのくらいの寒さからインコが寒そうにするのか毎日の観察が必要ですね。

そのためにケージの傍に温度計があると目安にすべき温度が分かるのでひとつ用意しておくと便利だと思います。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

動物

Posted by minolog