気になる!お迎え前に知りたいオカメインコの魅力とインコ臭

2019年5月24日

スポンサーリンク

頬のチークが可愛いオカメインコ。この可愛さに惹かれて初めての鳥としてオカメインコをお迎えする方も多いそうです。

今回はオカメインコの魅力と、鳥好きなら癖になると噂のインコ臭についてお伝えしていきます!

オカメインコの魅力とインコ臭

オカメインコの魅力

オカメインコは人懐っこく、甘えん坊な子が多い印象です。

放鳥時、大好きな飼い主の肩に止まりそこでずっと羽繕いをしたり、飼い主の顔の黒子をつついたり、おもちゃで遊んでいたかと思うと飼い主の側に寄り添い覚えた歌を歌ったり。仲良くなれればこれでもか!ってくらいに愛情表現してくれます。

比較的人に慣れやすい子が多いのですが、飼い主を好きすぎて大声で飼い主を呼んだりする事があるので、賃貸にお住まいの場合は管理会社や大家さんに確認をしてからお迎えをしてくださいね。

お迎えの準備

お迎え決める前に、まず部屋の温度を確認してみてください。
雛をお迎えするなら28度程度。成鳥なら25度前後で部屋の温度がキープできる状態が望ましいです。

次にオカメインコのケージを設置する場所を決めます。

  • 日当たりが良い部屋
  • 直射日光が当たらない場所
  • 扉に近すぎない
  • エアコンの風が直接当たらない

上記の条件を満たせる場所で生活をさせてあげてください。

扉に近いと、扉の開閉音に驚き人間に対し警戒心をもってしまう可能性があるので、生活音に慣れてないうちは扉の近くは避けてあげてください。

エアコンの風は乾燥の原因です。
鳥も乾燥しすぎには要注意です。また、夏場冷房の風が直接当たってしまうと必要以上に身体が冷えてしまう可能性があります。

インコは基本的に寒さに弱いので、夏場人間の感覚で部屋を冷やしすぎないようにオカメインコの様子を見ながら調整してあげてください。

お迎えが決まったら、最初に必要なものについてはインコをお迎えしよう|準備しておくものに書いているので、そちらを確認してください。

オカメインコの臭い

初めてインコをお迎えするとなると、気になるものの一つに臭いがあるのではないでしょうか?
インコをすでに飼っていて、インコが大好きな人はインコ臭が愛おしいと感じる人も多いのですが、初めてだと不安ですよね。

インコの臭いは、人により感じ方が様々なので一概に「こんな臭い」と説明ができないです。
インコ独特の臭いであることは確かなのですが…

食べている食事によっても変化することもあるそうです。

たまに見かけるオカメインコの匂いのたとえで

  • メイプルシロップ
  • 干した時の布団
  • ポップコーン

等があります。

何かしら臭いがあることは確かなのですが、いずれにしても部屋に充満するほどのきつい臭いではないのでそんなに心配しなくても良いかなと思います。

排泄物の掃除を怠ると当然臭いは発生しますので、排泄物の掃除はこまめにしてくださいね。

臭いが気になる時の消臭剤

もし、お迎えしてみてやっぱり部屋の臭いが気になるということになったらこまめな換気と消臭剤を使用すれば臭いが軽減されると思います。

消臭剤を選ぶポイントとして無香料の物を選ぶようにしてください。
香りがついている物だと、小動物にとって毒になる可能性があるので特別な理由がなければ選ぶのは無香料一択です。

最後に

以上、オカメインコの魅力とインコ臭についてお伝えしてみました。

個人的には犬猫の臭いと比べると微々たる臭いだと思っているのですが、感じ方は人それぞれなので実際にペットショップ等で臭いを体感するのが良いかと思います。

人間にだって体臭がきつい人もいるので、インコにも体臭ぐらいあると大きな心で受け止めてもらえればインコと良好な関係が気付けるのではないでしょうか。

この記事が皆様の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク